格安航空券で国内旅行を体験しました

7千円もお得になった

大手航空会社の料金よりかなり安く7千円少しで沖縄まで行くことが出来ました。
予約の際注意しなければならないのは、確約航空券は支払いした後の払い戻しは一切できないことです。
万一欠航になった場合には振替え乗車という扱いになるのです。
LCC航空券の購入にあたっては端末上でその旨の注意が表示されますから便や日にちが間違っていないか確認しておくことが大切です。
家族と一緒に飛行機の乗る場合には、氏名や性別などが間違っていないか良く確認することが大切です。
なぜかというと搭乗者は、必ず利用する人が乗らなければならないからです。
飛行機に搭乗するには、コンビニで渡された搭乗券をもっていけば搭乗手続きが取れます。
ここで注意しなければならないのが手荷物の重量制限です。
LCC格安航空券は、荷物制限は厳しくオーバーすると別途超過料金をとられます。
せっかく国内旅行で安い料金で航空券を手に入れられても超過手荷物料を支払えば大手航空会社より高くなってしまうこともあります。
事前に荷物の計量を必ずしておき制限内に収まるようにしておきましょう。
成田空港の場合、LCCの航空会社の搭乗口は、第3ターミナルという専用の場所になります。
ここで注意したいのは、すべてのLCC航空便が第3ターミナルを使うとは限りません。
航空券に記載されTいる搭乗口を必ず確認しておきましょう。
第3ターミナルは国内線ターミナルからかなり距離がありバスで移動することになるので注意が必要です。
歩くことも考えて余裕をもって時間前に到着することが重要です。
また空港設備も国内線ターミナルより劣り必要最小限の施設しかありませんから注意が必要です。
ターミナルを間違えると時間ロスで飛行機に乗れないこともあるので搭乗口の確認は一番大切になります。

沖縄旅行を格安で行ってきた7千円もお得になった価格も旅行も満足

格安航空券 : 国内格安航空券予約